猫が呼ぶの・・・


by rudyn
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
かなり間が空いてしまいましたが、
変わらず元気です。

少し前から、夫が、もう1匹猫を飼いたいと言っていました。
ある時、猫を保護しているボランティアグループのサイトを見て
かわいい子を見つけたといって見せてくれました。
2歳のMIXで白キジ柄の女の子。

そして、ついに、先週、
その女の子、ふうがやってきました。


部屋を分けて飼い始めたのですが、
アビーさんは怒りまくってもう大変でした。
アビーさんの「シャー」という声を初めて聞きました。

最初はアビーさんは部屋に引きこもって
食事もトイレもせず、私たちをひどく心配させました。


反対に、
新しい猫のふうのほうは、
物怖じしないというか元気一杯、
ごっつんという音をたてるのではないかという
勢いで、私たちに頭突きをかましてきます。

しまいには、PCラックの上によじ登り、
そこにびっしり並べてあった夫の雑貨(がちゃがちゃの
おもちゃなど)をぜーーーーんぶはたき落して
自分の居場所を確保w
そのマイペースぶりには感心してしまいました。


a0003931_1328431.jpg


ついに私のPCの上に寝そべってるし・・・。



a0003931_13282910.jpg


ご機嫌斜めのアビー。



二人の間は険悪で
アビーがシャーシャー言ってもふうは平然としていましたが、
それでも一定の距離を保っていました。

その距離が、
我が家の端と端の距離から
少しずつ近づいて
同じ部屋にいても怒らなくなりました。
それでも1~2mの距離を保って
お互い意識をしてそのまま固まっている姿をよく見かけました。

昨日から、
二人で追っかけっこをしたり
パンチを繰り返している姿を見るようになりました。
そして、ついに、鼻をくっつけて挨拶までするようになりました^^
まだアビーさんはちょっと嫌がっていますが、
当初心配していたほど不仲にならず一安心です。
[PR]
by rudyn | 2009-05-17 13:49 | 日記

お正月のアビーその3

a0003931_1346538.jpg


きめたわ!
お買い物にいかなくちゃ!

[PR]
by rudyn | 2007-01-02 13:47 | 日記

お正月のアビーその2

a0003931_1345859.jpg


ちょっときいてる?!
[PR]
by rudyn | 2007-01-02 13:45 | 日記

お正月のアビーその1

a0003931_13393453.jpg


お正月なのに
いつものごはんってどういうこと?!

[PR]
by rudyn | 2007-01-02 13:44 | 日記

アビーさん、病院にいく

アビーさんはあれから、水は飲むようになったものの、
それでもそんなに多くはなく、
27日以降、それに加え何度も、トイレに入るようになりました。

一度入ると、それから4~5回はトイレに行くのを
繰り返すのです。
そのうち、そばの洗面台の中で粗相するようになりました。

いわゆる「頻尿」で、
トイレのシートの尿は、色やにおいは薄く量が多い状態でした。
それを除けば元気なので、様子を見ていました。



12月1日、金曜日の朝、
例によって何度もトイレに行き、大きいのを済ませたあと、
また洗面台の中で粗相しているので、掃除をしようと見に行ったところ、

尿が赤みを帯びていました。


様子はいつもと変わらず、とりあえずその様子をノートに記し、
昼過ぎに帰宅する予定の夫(前夜は夜勤)にメールで様子を送って、
あとで医者に連れて行ってくれればいいと思い、
遅刻しそうになりながら出勤するため家を出ました。

しかし、私が家を出てから夫が帰るまで5時間余、
アビーが急変しないとは限らない、と、電車の中でだんだん不安になって
ついに途中下車。
職場の人に急遽午前中休むとの連絡を入れて、家に引き返しました。
(飼い主馬鹿だとは思います・・・。その日は重要な仕事がなかったことも幸いしました。)

帰宅後、キャリーにアビーをいれ(少々苦労しました・・・。)、タクシーを呼んで
病院へ行きました。
診察開始時間より少し前に着いたので、ちょうど一番で診て貰えました。

診察台にキャリーごと載せたとたん、先生と看護師さんたちが口々に
「おっきくなったね~」
アビーさんは避妊手術以来なので、約半年以上ぶりでしょうか。
確かにあれから1.5キロ以上増えてます・・・。
でも、よく先生たちも、うちのアビーを覚えていらっしゃるということに
驚きました。だって、健康診断とワクチンと避妊手術の3回しかお世話に
なっていないのですから。


看護師さんに仰向けにされて胸に抱かれて前足をつかまれて
おとなしくされるがままのアビーさんの姿に少々驚いていたら
(いや、だって普段そんなことをしたら暴れるから・・・)
おなかの様子をエコーで見ていた先生から
「やはり、膀胱結石の疑いがあるね。」
と説明がありました。
「でも映っている状態からして、血の塊かもしれない。」
しかし、尿が膀胱に残っていなかったため細かい検査が出来ず
結石か膀胱炎か判断できないとのことでした。

メスの場合は、尿道のつくりが太くまっすぐのため、溜まっている石や
血の塊などを排泄しやすいので、詰まるようなことはないとのこと、
抗生物質を飲ませて、1週間後また来るようにとのこと、
そのときは尿検査のスティックに尿を採ってきてほしいとのこと
でした。

深刻な状態でないことに安心をし、会計を行ったら6千円強でした・・・。


a0003931_12495838.jpg


あたしはげんきよ~!
[PR]
by rudyn | 2006-12-03 12:52 | 日記

ねこに水を飲ませる方法

「さいきん、アビーが水を飲んでない。」
と夫が言いました。

さいきん、アビーの様子をちゃんと見ていない妻としては
ちょっとばかりショックでした。

言われてみれば、ここしばらく、
食後に水を飲んでいる姿を見ていないような・・・。

言われてみれば、出した水が全然減っていないような・・・。


そこで、夫は、
秘策に出ました。



アビーのかりかりご飯にウエットご飯をかけて
水をかけるという、
いわゆる

「ねこまんま作戦」

です。


水を飲まないと、かりかりご飯にたどり着けない
この作戦にまんまとはまった(シャレではない!)
アビーさんは、ウエットご飯風味の水を飲むようになりました。





しかし・・・

2~3日もしたら、見向きもしなくなりました。
かりかりご飯が、おかゆになってしまうのが許せないようです。

それでもおなかがすくため、
ご飯を出して時間がたってから口にしていましたが、
日に日に残すように・・・。



というわけで、作戦第二段。
時間があるとき限定ではありますが・・・。


まず、ウエットに水を入れたものを出す。
その後、平らげたのを見計らって、カリカリご飯を出す。
多すぎないように、量はきちんと毎回計ってます。



ところが、アビーさんのほうが、うわてでありました・・・。

アビーさんの反撃
[PR]
by rudyn | 2006-11-19 18:23 | 日記

歯みがき

夫が、歯みがきセットを買ってきました。
猫用のです。


なんでも、職場の人で猫を飼っている人から、
猫の虫歯の治療が大変であること、
早くからケアしておいたほうがいいこと、
などを聞いたため、だそうです。


よって、アビーさん、初歯みがきをすることになりました。



a0003931_1205213.jpg



いやいやながらも、歯みがきされています。




a0003931_1214681.jpg



仕上げの歯みがきジェルです。
磨きにくい奥歯にいいようです。
[PR]
by rudyn | 2006-10-08 12:15 | 日記

ソファーとアビーさん

ソファーが到着した当時は、
においが気になるのか、アビーさんはあまり近寄ろうとしませんでした。


しばらくして、
サイドテーブルが気に入ったらしく、
その上で長々と寝るように。
上に本を積み上げるなどして
妨害したら載らなくなりました。


ソファーのふわふわ加減が
あまり気に入らないのかもしれないと
思っていたら、そのうち、






ついに載るようになってしまいました。



a0003931_11552641.jpg




ちょっと眠そうです。



a0003931_11555170.jpg




すっかり熟睡してしまいました。


昨夜の寝場所はいつもの部屋のすみではなく、
しっかりソファーの上で寝ていたようです・・・。
[PR]
by rudyn | 2006-10-08 11:57 | 日記

おかえり!

a0003931_13531749.jpg




夫が帰ってきたので
ダッシュで迎えにいくアビー。

ちょっとピンボケだけど
表情がいいのでご容赦を。
[PR]
by rudyn | 2006-09-17 13:56 | 日記

暑い夏の乗り切り方

先日、日中34度くらいになるとあり、
アビーさんをお留守番させるには、少々つらそうだったので、

ためしに、冷凍庫に保管してあった保冷材を
タオルにくるんでアビーさんに上げてみました。

最初は見向きもしなかったのですが、
そのうちべったりと貼り付いてくれたので、
「やった!」と喜んでいました。

ところが、少しして
「がりがりがり」とタオルごと、かじろうとしているではありませんか。

これはいかんと、すぐ取り上げて、
タオルだけあげたら、ひんやりしたのがうれしいのか
そのままタオルの上に寝そべってました。

同じく、冷凍庫で、水を入れて凍らしてあった
ペットボトルを別のタオルでくるんで、
そばに置いてあげました。

そのあと出勤したので、喜んだかどうかは不明ですが、
保冷材は気に入っていたようなので、
かまれないような別の方法を検討中です。
[PR]
by rudyn | 2006-08-12 13:21 | 日記